EIKO ISHIZAWA
EIKO ISHIZAWA -
石澤英子

19歳でオランダに渡り、フェルド芸術デザイン大学でゲリット・リー氏のもとで応用美術と工芸を学び、サンドバーグ大学院に入学。現在はアムステルダムを拠点に活動しながら、オランダ国内外で個展やグループ展、レジデンスに参加している。

子供の頃から自然破壊を鵜呑みにしてきた自然の常識に疑問を持っていた石澤英子は、自然/抽象と文化文明/具体の関係、境界、バランスを汎用性のある素材を用いて探った。現在の社会の流れとは異なる別の現実を探求している。
石澤は映画監督のように、様々な素材や重力、空気に仮の役割を指示しますが、その過程で役者の個性やアドリブが発揮され、脚本が更新されていく。石澤と出演者の共存によって成り立つ抽象的な図は、すべてのものが他のものとの関係や依存関係の中で存在していることを体現した図でもある。自然を愛し、自然から得られる自由を楽しむ精神を持つ石澤の作品は、日常生活の中に抽象的な認識をユーモアをもって挿入している。