MINORI OGA
MINORI OGA  1982 - J apan
MINORI OGA / オーガミノリ
1982年生まれ。東京都出身。2006年東京藝術大学大学院漆芸専攻修了。

オーガミノリは卒業後漆作家としてオブジェやヘアーピースなどの装飾物を手がけてきましたが、環境と心境の変化から2017年より絵を描き始めました。
切りっぱなし洗い晒しのキャンバス生地や珈琲染めの紙に、主にアクリル、カーボン、ペン等で描き、支持体が持つ素材感の波打つ表層のまま仕上がりとし、キャンバスのほつれがそのままアクリル絵の具で固まった物体や鉛筆で削るように描かれた意味不明なキャラクター、途中で止まる線などで構成される作品はどれも自然に発生したような記号で描かれています。
作家自身、即興という言葉を好み、あくまでも無作為に湧く線や面をキャンバスに落とし込んでいきます。
この行為は、漆という手間と時間と忍耐力と緻密さを必要とする素材を扱ってきた反動であり、それら全てを取っ払い自己表現にライブ感を求めた所以であると想像できます。創造性を瞬間で形にし、熱を帯びたまま完成させたい欲求を叶え獰猛に描いた結果、ガサツで乱暴な絵が即ちオーガミノらしさとなって現れているのです。