JAN AGHA
JAN AGHA 1986 - PAKISTAN
ジャン・アガ(1986年生まれ)はパキスタン出身のアーティスト。ハートフォードシャー大学でファインアートの学士号を取得し、その後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)で修士号を取得。

ジャン・アガは、自身が東洋の画家であると認識しており、母国のモチーフを直接的に作品に昇華する手法を避け、多文化の中で育ってきた自身の体験や衝動を独自の宗教的・文化的アイコンに落とし込んでいる。ジャン・アガは怒り、熱愛、セクシュアリティなどの親密な感情を探求し、超神聖なものからオカルト的なものなものまで様々なモチーフを借用しながら絵画として表現する。

最近の作品では、ジャン・アガは、失われた物体と失われた個人、そして発見された物体と発見された個人との関係を定義する。古風なものと現代的なものの間の仲介者として、創作という行為を通じてジャンは神秘的なものと人間社会の間の橋渡しを試みる。

Exhibition

「Thumbnails」(ホックニー・ギャラリー、ロンドン、2018年)
「WIP」(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート、ロンドン、2017年)
「Newcomers Exhibition 2017」(Valentine's Clay、ストーク・オン・トレント、2017年)
「FBA Futures 2017」(モール・ギャラリー、ロンドン、2017年)
「Free range」(トゥルーマン・ブルワリー、ロンドン、2016年)
「Les Enfants Agités」(コートヤード・アーツ、ハートフォード、2016年)